メガバンク銀行員の1日 本部勤務

就活、転職

1日の流れってどんな感じ?

メガバンクの本部勤務のリアルを紹介します

スケジュールは抱える案件によって大きく変わりますが、標準的なものを紹介します

メガバンク、本部勤務・企画をキーワードにご参考ください

タイムスケジュール

8:40  出社…意外と?そんなに早くないですね。フレックス制も使えるので10:00ごろ出社という人もいます。9:00~ミーティングとかは入れづらい。

出社後は通常業務(メールチェック、社内情報収集、取引先訪問準備、事務作業、社内稟議、契約書作成等を実施)営業担当と同様ですが、日経新聞などのメディアからの情報収集は出勤前や通勤時間に済ませます 

9:00  業務開始…上記の業務に加えて、取引先や営業担当者、審査部門などからの照会事項対応など

10:00  社内打合せ…面談時間は30分程度。取引先への訪問や交渉前に案件の取組可否や条件交渉の準備に向けて社内で打合せします。案件よって様々ですが社内向けなのでさらっと準備WEB面談で完結する場合がほとんどです

12:00  昼食…社内の食堂で食事をとります。一人で食べても良いし、時間がある同僚と食事することも可能です。食事の時間は自由でだいたい11:00~14:00ぐらいまでは食堂が利用できます

12:20 昼食終了…すぐ食べてすぐに業務に戻ります!休憩もできますが休憩する人は少ないです

14:00 取引先訪問…営業担当者と一緒に取引先に訪問。営業支援部門として専門的な内容・案件のスキーム・契約内容・個別提案を取引先に説明し、具体的な条件交渉やニーズヒアリングを実施します

16:00 オフィスに戻って通常業務実施

本部勤務だと取引先への訪問は1件もない日も多いですが、社内での打合せや審査部門・部内や役員への報告など様々なコミュニケーションが必要です。契約内容や条件交渉の際は、直接取引先と会話することも多いので営業担当と同様に日中は取引先とのやり取りが多く、18:00以降は社内での事務作業に没頭するケースが多いです。現在取組中の案件や純粋な雑談も交えながら事務作業をしています

20:00~ 退社…退社時間は日によります。早ければ18:00ぐらい、遅ければ22:00くらいまで上記の作業が続きます。気になる帰宅時間ですが、近年では働き方改革やリモートワーク化が進み、勤務時間は年々減少傾向にあると思われます

過去には銀行の長時間労働は当然のように行われていましたが、個人的な感覚では平均して20:00くらいには帰宅できる部署が多いと感じています

入社前とのギャップ

個人的にギャップはそこまで大きくありませんでした

営業担当者よりも社内向けの業務も少ないように思います

一方で社内稟議や緻密な検証が多いので当初慣れるまでは少し時間がかかりました

1日中社内業務ということもあるので、気分転換がしづらいなど

営業する機会が少ないので、向き不向きがあると思います。

一方で、営業担当者に比べて専門的な案件や商品を扱うことが多いので

自身のスキル向上や対外的な価値向上につながる可能性もあります

緻密な事務作業、数値を用いた論理的な検証、複雑な案件の理解力プレゼン力

が必要となりますが、自身のスキル向上に繋がる業務も多いのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました